株式会社アイテムカンパニー

Message
  • 企業の採用力向上のためのサポート
  • エンプティアビリティの開発・発見・強化
  • 公募型求人活動における弊社が提供するサービス
  • 事例紹介

企業の宝である「人財」の定着に
ご協力いたします。

弊社では人材採用の代行サービス等を行っております。
採用担当チームの形成から、説明会・面接なども責任をもって弊社が代行させていただきます。

企業の採用力UPのためのポイントは、
人事力(知識、営業力、物理的マンパワー)の強化

人事機能の備わっている企業であれば、ノウハウもあり、対応できる人数もスキルも足りているかもしれませんが、そういった組織体制が十分に整っている企業は多くはないでしょう。日々の事業も忙しく、かつ人材採用も並行して行っていかなくてはいけない、採用したい人数が多く人事の手が足りない、といったことはよくある光景で、採用がうまくいかず事業が前に進まないといった場面も多く目の当たりにしてきました。特に新卒のような通年採用ではなく、中途、アルバイトのような単発的な採用活動であれば、そのために人事職を雇うのはなかなか難しいと思います。

とりわけ採用における「強化」というと、
専門知識
リクルート力(営業力)
物理的マンパワー

このあたりを必要な時に必要な量だけ補強できれば
企業採用力を上げることができ、より効果的な採用活動が可能になると思っています。

そうすることで今まで捉えきれなかった求職者や、ポテンシャルがあるのにほんの少しのアンマッチで採用されなかった求職者をうまくマッチング出来き、事業上の課題も解決し得ると考えています。

いくら能力があっても、それを的確に伝えられなければ
マッチングはしない。

現在日本の多くの地域で求人倍率は高騰し、多くの求人情報がある中でもマッチングしない求職者がたくさんいます。
興味・能力・価値観などにより求めるレベルはまちまちですが、就職するにしても、転職するにしても、マッチングしない理由の少なくとも半分は、エンプロイアビリティ(雇用され得る能力)を伝える力の未熟さではないかと思っています。

エンプロイアビリティには、どの会社でも必要となる基本的な汎用スキル、ポータブルスキルと各企業ごとに求める専門的な技術、スキルの大きく分けて二つの要素があると思っています。

いくら専門的なスキルを活かせる技術をもっていたとしても活躍できる素質があったとしても、それが伝わらなければ採用マッチングはしません。

求職者が適正にマッチングされるために、エンプロイアビリティを表現する力を開発、強化さらにはエンプティアビリティそのものを開発、強化できる支援ができたらと思っています。

求職者が本質的に持っている「応募企業におけるエンプロイアビリティ」に関わる経験・スキルを浮き彫りにし、面接官が偏見なく、固定概念なく本質的なスキルジャッジができるようサポートすること。

面接官のマンパワー不足問題を解決しながら、求職者のかかえる面接における物理的、時間的問題もクリアにすることで、面接機会を増加させるサポートをすること。

求職者の会社理解、業務理解を深め、就業意欲を高めた上で選考を進んでもらえるようサポートをすること。

上記3点をサポートすることで広告媒体を利用した採用において、より本質的で適性な採用マッチングを実現していくサービスです。

【中途】プラント設備製作、保守メンテナンスの場合
【新卒】設備メンテナンス業の場合